【面接と求人要項でわかる】ブラック企業の特徴!!

面接をしていると、ここはたぶん黒い会社だ!って感じる会社があります、そんな会社の特徴をまとめました。

①その場で即採用する会社(1次面接だけのとこもけっこうグレー以上の確立高いです)

②採用担当の目が死んでる

③裁量労働制を採用している会社

④年収があきらかに高い会社(未経験OKだったらほぼ黒です)

⑤大量採用、いつも求人サイトにのっている会社

⑥明日からすぐこれる?みたいなことを言う会社

⑦会社の場所を教えない会社【ほぼありえないですが、絶対やばいです】

⑧面接中に怒鳴り声が聞こえてくる会社

⑨人格否定をしてくる面接官(圧迫面接なのかは知りませんが、僕は嫌いです)

⑩業績が悪い会社

ざっとこんなところです、それでは各ひとつひとつ解説をしていきます。

①その場で即採用する会社

その場で即採用してもらえたら、その場ではとてもうれしいかもしれませんが

まず予想ができるのがトップダウン系のワンマン会社ってことや、人がたりていないためすぐにでも人がほしいってことが予想できます。

人が足りていない=辞める人が多いっていうわけではないですが

限りなくイコールに近いと思っております、そんなすぐ採用していいのって?疑いましょう。

②採用担当の目が死んでる

採用担当者の覇気がまったくないってことがあります

そのときは質問で働きがいとか、働いていて嬉しかったこと、会社の雰囲気とかいろいろ聞いてみるといいかもしれません

③裁量労働制を採用している会社

これは人によってはブラックではないかもしれませんが、残業時間が長いことがかなり高いことが予想されます。広告、出版業界がよくこの制度使ってますね。

まあこの辺は覚悟のうえで務めている人が多いので、そんなにミスマッチしている人はそんなにいないかもです。

僕はこのへんよくわからず入社したことがあったのでかなりしんどかったです。。

④年収があきらかに高い会社(未経験OKだったらほぼ黒です)

未経験で年収が高い=超成果主義か残業めっちゃあります

的なことをいっているようなもんですね、営業とかいきなり幹部みたいなやばそうなとこはなるべく避けましょう

⑤大量採用、いつも求人サイトにのっている会社

①とほぼ同じ理由ですね、常に人がいない、どんどん人が辞めていく、、

その他だと常駐勤務としていろんな会社に飛ばす系の会社ですね

これは、そんなに悪いとは思いませんがほとんどスキルは身につかないことが多く、給料もなかなか上がらないというパターンがとても多いので注意しましょう。

唯一のメリットとしては、誰もが知る大企業に関われることもあることくらいでしょうか。

⑥明日からすぐこれる?みたいなことを言う会社

ええー、、って感じになりますね

たぶん面接官は採用者側を下に見ているので、強制的にそんなことを行ってくるとこは願い下げしといちゃいましょうね。

話しの流れで、じゃあ明日からきてみる?ってかるくいってくるとこなら、あり?、、、個人的には怖いのでやめときます

⑦会社の場所を教えない会社

絶対やばいとこなのでやめましょう

⑧面接中に怒鳴り声が聞こえてくる会社

少なくとも、怒鳴る社員や上司はいるってことは覚悟しましょう、慣れれば案外いけますが、空気は最悪な職場ですね。

映画の今から会社やめてきますはリアルだったなあ、、

⑨人格否定をしてくる面接官

その人のストレス耐性をみるとかで、圧迫面接とかしてくるとこありますけど

あまりよくないと思います。だって怒ってもある程度大丈夫ってことを試してますもんね

⑩業績が悪い会社

どんなに会社の人が良くても、業績が悪ければその会社の雰囲気は最悪です。

ある程度業界のトレンドとかも意識して、就職活動をしましょう。

これからも伸びていく業界、衰退する業界についてはまた別記事で書いていきます。

ざっとになりますが

大まかのブラック企業の判断材料の一つとして頭の片隅にいれといて参考にしてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ