配列の基本操作 PHP

$配列名 = array(要素1, 要素2, 要素3…);

$item という配列に下記の要素を、下記の並びの順番で代入し、
print_r()で出力をしてください

「ロングソード」
「ブレードソード」
「エクスカリバー」

$item = array(“ロングソード”, “ブレードソード”, “エクスカリバー”);
print_r($item);

$配列名 = explode(“分割する区切り文字”, 分割したい文字列);

標準入力でスラッシュ(/)で区切られたURLが与えられます。
explode関数を使い、スラッシュ(/)で分割し、配列に代入して
print_rで配列の中身を出力してみましょう。

$input = trim(fgets(STDIN));
// explodeで$inputの文字列を分割してみよう!
$array = explode(“/”, $input);
print_r($array);

標準入力で1行で与えられるカンマ区切り( , )のデータを、
カンマで分割して、各要素を1行ずつ改行して
末尾に「さん」と付けて出力してみましょう。

// 標準入力から1行取得
$input = trim(fgets(STDIN));
// カンマで分割して配列に代入
$array = explode(“,”, $input);
// 配列の要素数を数えて$numに代入
$num = count($array);
// $num分のループをまわす
for($i=0; $i<$num; $i++){
echo $array[$i].”さん\n”;
}

要素の追加方法
$array[] = 追加したい要素;

要素の上書き方法
$array[上書きしたい要素のキー番号] = 上書きしたい内容;

要素の削除方法
unset($array[削除したい要素のキー番号]);

配列 $team の3つ目に代入されている要素を出力してください。

// 標準入力から5行分の入力を配列に代入する
for($i=0; $i < 5; $i++){
$team[] = trim(fgets(STDIN));
}
// ここから下に記述 
// $team の3つ目の要素を出力してください
echo $team[2]; // 0から数えるので2が3つ目の要素

配列 $team に「狩人」という要素を追加してprint_rで
配列の要素を出力してみよう。

// 標準入力から3行分の入力を配列に代入する
for($i=0; $i < 3; $i++){
$team[] = trim(fgets(STDIN));
}
// ここから下に記述 
// $team に「狩人」という要素追加
$team[] = “狩人”;
print_r($team);

配列 $team の2つ目の要素を「木こり」で上書きして
print_rで $team の内容を出力してみよう。

// 標準入力から4行分の入力を配列に代入する
for($i=0; $i < 4; $i++){
$team[] = trim(fgets(STDIN));
}
// ここから下に記述 
// $team の2つ目の要素を「木こり」に上書き
// 配列は0から始まるので1が2つ目の要素
$team[1] = “木こり”;
print_r($team);

配列 $team の冒頭の要素を削除して
print_rで $team の内容を出力してみよう。

// 標準入力から3行分の入力を配列に代入する
for($i=0; $i < 3; $i++){
$team[] = trim(fgets(STDIN));
}
// ここから下に記述 
// $team の冒頭の要素を削除
unset($team[0]);
print_r($team);

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です