関数について PHP

<?php

function sum($x,$y){

return $x + $y;

//戻り値↑

}

$num1 =sum(3,4);

echo $num1 . “\n”;

?>

戻り値

// 関数を作ろう
function sum($x, $y) {    
echo $x + $y;
}
$num1 = sum(3, 2);echo $num1."\n";$num2 = sum(300, 400);echo $num2."\n";

関数から値を元に返すことができる。例えば、引数である”白米”を”炊飯器”という関数に渡し、出力された”ご飯”が戻り値となる。

function 関数(){
  return 戻り値;
}
function getSum($num1, $num2){ 
$sum = $num1 + $num2;
return $sum;
}
$sum = getSum(2,5);
echo '足し算の結果は'.$sum.'です。'; //足し算の結果は7です。


いったん変数に戻り値をしまい、そのあと出力している。returnは戻り値の指定だけでなく、その場で関数の処理を終わらせる性質もあるので覚えておきたいですね。

九九の1の段を出力するプログラムです。
このプログラムを修正して、九九

// 九九の表を作成してみよう
function multiply($x, $y){
return $x * $y;
}

for ($step = 0; $step < 9; $step++) {
for ($num = 0; $num < 9; $num++) {
echo multiply($step + 1, $num + 1);
if ($num < 8) {
echo ” “;
}
}
echo “\n”;
}

function sum($x){

echo $x + 20. “\n”;

}

sum(3);

23

スコープとは

スコープとは、変数の有効範囲が決まっていることです。

ローカルスコープ

{}に囲まれている関数内で定義されるスコープ。

グローバルスコープ

ローカルスコープの外で定義した変数。プログラムの全体でどこでも使うことができる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です