2次元配列を作成する

2次元配列とは、2つのインデックスで要素を指定する配列のこと。例えば、

$arr[3][4] = 100;

とすると、インデックス 3, 4 に対応する要素100を代入できる。

配列を作成する
<?php// 2次元配列を作成する$player = "忍者";$teamA = [$player, "戦士", "魔法使い"];echo($teamA[0] . ", ");echo($teamA[1] . ", ");echo($teamA[2] . "\n");?>
2次元配列を作成する
<?php
// 2次元配列を作成する
$player = "忍者";
$teamA = [$player, "戦士", "魔法使い"];
echo($teamA[0] . ", ");
echo($teamA[1] . ", ");
echo($teamA[2] . "\n");

$teamB = [$teamA[0], $teamA[1], $teamA[2]];
echo($teamB[0] . ", ");
echo($teamB[1] . ", ");
echo($teamB[2] . "\n");

$teamC = ["勇者", "戦士", "魔法使い"];
$teamD = ["盗賊", "忍者", "商人"];
$teamE = ["スライム", "ドラゴン", "魔王"];
$teams = [$teamC, $teamD, $teamE];
echo($teams[0][0] . ", ");
echo($teams[0][1] . ", ");
echo($teams[0][2] . "\n");
?>
<?php// 2次元配列を作成する$player = "忍者";$teamA = [$player, "戦士", "魔法使い"];echo($teamA[0] . ", ");echo($teamA[1] . ", ");echo($teamA[2] . "\n");$teamB = [$teamA[0], $teamA[1], $teamA[2]];echo($teamB[0] . ", ");echo($teamB[1] . ", ");echo($teamB[2] . "\n");$teamC = ["勇者", "戦士", "魔法使い"];$teamD = ["盗賊", "忍者", "商人"];$teamE = ["スライム", "ドラゴン", "魔王"];$teams = [$teamC, $teamD, $teamE];echo($teams[2][0] . ", ");echo($teams[2][1] . ", ");echo($teams[2][2] . "\n");?>

<?php
// 2次元配列の基本操作 直接定義する
$teams =
[
[“勇者”, “戦士”, “魔法使い”],
[“盗賊”, “忍者”, “商人”],
[“スライム”, “ドラゴン”, “魔王”],
];
?>

basket配列が定義されています。
この配列のインデックス1の要素数を出力してください。

// 2次元配列の要素の個数を出力する
$basket = [
[“木の棒”, “こん棒”],
[“おにぎり”, “おにぎり”],
[“毒消し”, “薬草”]
];

// ここに、インデックス1の要素の個数を出力するコードを記述する
echo count($basket[1]);

右のコードエリアには、basket配列が定義されています。
この配列の「こん棒」を、「石斧」に書き換えてください。

$basket = [
[“木の棒”, “こん棒”],
[“おにぎり”, “おにぎり”],
[“毒消し”, “薬草”]
];

// ここに、要素を更新するコードを記述する
$basket[0][1] = “石斧”;

echo($basket[0][0]).”\n”;
echo($basket[0][1]).”\n”;
echo($basket[1][0]).”\n”;
echo($basket[1][1]).”\n”;
echo($basket[2][0]).”\n”;
echo($basket[2][1]).”\n”;

この配列のインデックス0の下に「石斧」という要素を追加してください。


$basket = [
[“木の棒”, “こん棒”, “エクスカリバー”],
[“おにぎり”, “おにぎり”, “むぎ茶”],
[“毒消し”, “薬草”, “アイアンシールド”],
];

ここに、インデックス0に要素を追加するコードを記述する

$basket[0][] = “石斧”;

print_r($basket);

この配列から、「アイアンシールド」を削除してください。

$basket = [
[“木の棒”, “こん棒”, “エクスカリバー”],
[“おにぎり”, “おにぎり”, “むぎ茶”],
[“毒消し”, “薬草”, “アイアンシールド”]
];

ここに、basket[2]のインデックス2を削除するコードを記述する

unset($basket[2][2]);

print_r($basket);


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です