【赤ら顔】真っ赤な顔を治したい!主な原因と対策方法を紹介。

スポンサーリンク
生活
????????????????????????????????????

顔全体が赤くなってしまう「赤ら顔」多くの女性はコンプレックスでしょうし、男性も悩みですよね。(特に思春期)
社会人になるとファンデーションでカバーして、厚塗りになってしまったり、白うきする場合もあったりと赤ら顔に悩んでいる方が多いはずです。

カバーで赤ら顔を抑えることは可能ですが、できることなら生活習慣やスキンケアによって改善をするのが一番良いことなので今回は対策方法をご紹介します

スポンサーリンク

赤ら顔の原因

・洗顔による強い刺激

ゴシゴシと強くこすったり、ピーリングケアを行いすぎると肌に強い刺激が加わり赤くなります。また強い刺激により肌が薄くなり血液も透けてみえてしまうことから赤ら顔になってしまいます。

・ニキビ

思春期ニキビやストレス、生理などによりニキビはできやすくなりますよね。
ニキビも赤ら顔に見える要素の一つ、とくに社会人になってからは一度できると治りづらかったり、つぶしてしまったりして、ニキビ跡になるとずっと残ることになる可能性もあるので注意が必要です。

・敏感肌

敏感肌の人は少しの刺激でかゆみが生じてしまったりします。敏感肌の人は肌の表面にある水分量が少なく、肌のバリア機能が低下しているのです。その他にも角質層自体が薄くなり、皮膚の下の血管が透けて見え、肌が赤くなることもあります。

その他の原因

仕事のストレスで情緒が乱れている、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ウィルスや細菌などの侵入、寒い地域で育った人は急激な温度の変化に毛細血管が敏感に反応したり様々な要因からなることがあります。

普段の生活からできる対策術

ストレスをためない

簡単に言えて難しいことですよね、運動など人によってストレス発散方法はかわってくると思うので、独自のストレス発散方法を見つけましょう。(カラオケ、入浴、マッサージなどなど)

丁寧なスキンケア

強い洗顔による刺激を与えるだけでも赤ら顔にはなります。洗顔時はなるべく強くこすらないように注意をしましょう。ピーリングケアなどもなるべく控え、肌を労わるケアに重点を置きましょう。化粧水で水分を与え、乳液やクリームで油分を与える基本的なケアが重要ですね。

生活習慣を改善する

一人暮らしの人は多い傾向にある、生活リズム食生活の乱れ。このような生活が続くとホルモンバランスの乱れがおきてしまい、赤ら顔の症状が重くなることも考えられます。睡眠をしっかりとり栄養バランスを心掛けることが重要です。

肌への刺激となるものを避ける

すでに赤ら顔の方は、身の回りに気を配ることも大切です。
例として髪にワックスをつけた場合それが肌につくとかゆみや赤みの原因になる可能性があります、その他にも枕カバーやタオルなど肌に触れるアイテムは清潔な状態をキープするようにしましょう。

その他対策

体の熱を輩出させる、キュウリやスイカ、ゴーヤなどの食材を食べることや、便秘の人は排便させるようにするなどなど

対策アイテム

ニキビ対策もできて、美白やシワ対策もできる

男性の肌ケアにはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました