10年以上忘れられない女性が、ついに結婚してタイへ旅立つそうです。

スポンサーリンク
生活

この記事は個人的なことになるので、まあお時間があったら見てください。

深夜なのでね、そしてこれは個人ブログなのでね、、好きなこと書くブログだからね、

ただ、ただ今思うことをつらづらと書いていきます。

僕が学生時代のときにちょっといい感じになって、初めてS〇Xした女の子との話し

その後とても酷いフラれ方をして(自分もだいぶいけなかった)

ひどく落ち込みすぎて、20代の男が号泣して精神的にまいって、軽い自傷行為をなんちゃってでして(まじで忘れたい過去)そこまで精神的にめちゃくちゃ追い詰められて

周りの友達のフォローのおかげで少しずつ回復していき、性格がどこか変な感じになったり

学生時代はその子の軽いストーカーのような(メール上で)感じになり。まずは仲直りをどうにかして、少しずつしゃべれるようになっていきましたが、それでもどこかきまずい感じだったりもしました。

詳細が気になったらこちらの記事に書いています。

社会人になっても結局忘れられなくて、たまに連絡をいれてしまい

ライブ一緒に見に行ったり、それでも結局距離はちぢめることもできず

その子もどこか僕と会うのは少し避けているような感じで。

お互い彼氏、彼女がいるときもあったり。。

そんな生活をずーーと続けてきずけばもう30手前にまでなった僕

その子に彼氏がいるのは知っていましたが、この間連絡をしたところ

ついに結婚することが決まったそうです。

そしてタイへ行ってしまうそうでう。

心の距離はあのころから結局近づくことはできなかったけど。もう物理的距離でも詰んでしまうのです。

あの子は僕のことを今どう思っているかはわかりませんし

仮に僕のことをもう一度好きになってくれても、きっとまたフラれてしまうような気もしています。

それでも。もう一度彼女と一緒に手をつないで歩きたいし

もう一度彼女のあの時の笑顔や笑い声を聞きたいです。

なんでここまで忘れられず、ここまでひきずるのか僕自身にもわかりません。

社会人になってからも別の女性とはお付き合いをしてきましたが、すぐに忘れることができます。

まあその女性たちは好きだからつきあったというより、良いなと思ったから付き合った形になりますが、それでも好きであったことに違いはないです。

それでも別れたことに対して、後悔も未練もないのです。

あの子だけ忘れられない、顔もめちゃくちゃかわいいわけでもないんですけど、あの子だけが好きでした。

いつか好きになる女性が現れるかと思って10年近くはもうたちますが表れませんでした。

建前上の好きならたくさんありましたが、心の底から、この人と一緒に歩いていきたい、この人のために生きていきたい

と思える人は現れず

きっとこの思いを僕は死ぬまで背負い続けることとなるでしょう。

そんなことを考える深夜3時。。

彼女にとって僕はなんだったのだろうと疑問に思うことはたくさんありますし。

きっとなんでもない男の一人に紛れている程度のはずです。

それでもこの気持ちはどこに消化させればいいのかまるでわからない。

彼女に思いを伝えるべきではないし、仮に伝えたところで困らせるだけで

彼女と一緒になりたいとは思いますが、うまくいかない気もしています。

それでも彼女と一緒に話しているときだけは、本当に楽しかったのです。

彼女以外のすべてがどうでもよくなるほど、僕は彼女でいっぱいでした。

それが過ちでもあり僕の唯一の誇りです。

このブログがいつか彼女の目に止まってくれたら、、、と思っているところで女々しく気持ち悪い発想なのはわかっていますが

それでもいつかこのブログが彼女の目にとまることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました