【2020年】アラサー男が2カ月で100件以上面接してきた~面接で聞かれること~

内定がなかなかもらえない、、そんな著者が面接の振り返りもかねて面接の傾向について書いていくよ!

僕の場合最終選考までは残るのですが、最後でめっちゃ落ちる、、(理由聞いてみると情熱面やこの企業で働きたい意思が薄いとか、まじめすぎるとか、、等の理由が多いです)まあその通りなんで面接は自分を偽る場所!と内定をもらいたい方は自分を偽るようにしましょう。

面接で聞かれること~絶対に抑えておくべきこと~

自己PRをしてください

このワードは面接官からあまり聞かれません。ですが面接の場はすべて自己PRのためのものなので、何を聞かれても、自分は有能ですという意味を含ませるようにすることがいいでしょう。

自己紹介と経歴について

8割以上の会社がこのことについてまずは聞いてくるので、これから面接にいく人はここだけはスラスラいえるといいでしょう。

この経歴というのが厄介で一貫性のない経歴だと説明がかなり大変です。。

一貫性がないとマイナスポイントになるのでしっかり用意をしておくのがおすすめ。

なんならパワポとか使ったりして自分の経歴や何ができるかについてなどまとめ上げてプレゼンをすると◎です。面接官の印象にも残りやすいです。

志望動機について

以外と聞かれないです!

ただ絶対に抑えておかなければならないことなので、企業のホームページは見ておきましょう。企業によっては

企業理念について

会社のHPみてどう思った?改善点教えて

とかいってくる意地悪な方々もいるのでゆとりがあれば見ておきましょう

見てた方がいいですが、不利にはなりますが見てなくても選考は通ります(実体験談)。

前職をやめた理由

立派な理由がある人ならいいかもしれませんが、だいたいの人がめんどくさくなったとか、人間関係のもつれ、仕事があわなかったなど、そんなにプラス面の理由はないと思われますので。

前向きな理由を作りましょう、面接する会社の職種にからめた理由が〇

会社に入って何をやりたいのか

あまり直接的には聞かれませんが、こちらは自己紹介や辞めた理由に絡めてお話ししておきましょう。この人は何がやりたい人なのか、というのをPRしましょう。ただこの内容を間違えると(企業が求めていないことをやりたがる)面接はそこから作業のように進んでいきます。

将来どうなりたいか(キャリアプラン)

3年後、5年後、10年後、なんなら20年後

この4つに分けて抑えておくと対策はバッチリだと思います。

僕はめんどくさくて、5年後程度のビジョンしか用意していかないのですが、企業によってはこれを分けて聞いてくるのでそのときはテンパらないように。。。

僕は面接官経験もあるのですが、この質問の際、10年後は実家に帰ってるかもしれないと言った人は落とされました。(僕個人は正直で素直な子だなーと思ったのですが代表から速攻でNGくらった)

あなたはどんな人?

いろんな聞かれ方をする内容ですね

・長所短所について教えてください。

・パーソナル面の長所短所を教えてください(以外と聞かれます)

・友達からどんな人って言われる。

・職場の方や上司からはどんな人って言われる?

聞かれ方は様々ですが、ここも抑えておきましょう。

どんな仕事はやりたくない?

以外と聞いてくる企業が多いです。

正直に答えていいかな、と僕個人としては思っています。だってやりたくないことはやらない方がいいじゃないですか、、

なんでもやりますの精神力は僕にはないです!

僕の場合生産性のない無駄なことはやりたくないです

と言ってますね。。。

あとは自分が面接官側のとき営業はやりたくない、数字に追われたくない、がつがつしたことが苦手といった方がいらっしゃたのですが代表からNGが、、、

僕個人もがつがつしたこと苦手なので、企業との相性を踏まえてがつがつとしたことは苦手とも言っている傾向です、、

何か質問はありますか?

特にないだけはやめときましょう

自分が気になることを素直に聞くのがいい!と言いたいところですが

下手するとマイナスポイントになる質問もあるので、

残業多いのですか(この人はあんまり残業したくない人なんだなーとか)

前向きな質問を心掛けといてください。事前に2~3つくらい用意しといてください。

最後になにか伝えておくべきことはありますか?

あんまり聞かれないですね、、聞かれたら何かしらは伝えるべきです。

御社が第一志望とかお礼とかいうのがベターかな

おすすめの求人サイト

正直どこでもいいかなって思いはするのですが

比較的使いやすのが

en、リクナビ、マイナビ

ここは有名どころ

そして掲載されてる企業がけっこう異なっているので見ておいて損はないはず。

すべての求人に掲載されてる企業はお金は潤っている、、それかかなり人材に困っていると思います。

DODAは使いにくいですが(応募企業とのやりとりが壊滅的にやばい)、求人数はまあまああります。

変化球として

Green,wantedlyもおすすめです

良いところとして、知らなかったベンチャー企業とか見ることができます。

エージェントについて

いくつか登録してみたのですが

あんまり親身にはなってくれない印象ですね、いちいち電話くるので面倒だったりして僕としては相性はよくない印象

最初に面談して、いくつか紹介をしてくれるのですが

あんまりじっくり考えて選べないし、紙ベースなのでそんなに企業のイメージがわかなかったりします。

1か月くらいするとあんまりエージェントからのアプローチはなくなります。

エージェントのおすすめは?

専用の管理画面があって、意外と使いやすいのが

ギークリーと@typeエージェント(@typeは使いにくいのでやらなくていいです。)

使うならここがいいと思います。

大切なこと

以上のことを面接で聞かれることを抑えておけば、だいたいの面接は通用します。

自分が面接官だったらこの人と一緒に働きたい!と思う人をイメージすることです。

そして一貫性が大切になるので、すべての回答に一貫性をもたせましょう。

面接官も人間のためその人との相性は大事

人気企業は人物面+スキルを重視、倍率高い企業はスキルを重視するので、比較された結果不採用となる。

僕も現在まだ内定をとるためがんばっているので

転職活動中の方一緒にがんばりましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ