もしもアフィリエイトでAmazonリンクの作り方を紹介!Amazonアソシエイトと紹介料の比較も

スポンサーリンク
仕事

アフィリエイトをしている人なら

結構悩まれたりすることが多いと思うので今回はもしもアフィとアマゾンアフィどっちがいいのかについて紹介をします。

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトからAmazonと提携する方法

上図の画像に合った会員登録はすでにしているという前提からお話しをさせていただきます。

管理画面に入ると

下図のような女性?ぽいバナーがあると思われます。

リンクに飛ぶと

上図から該当のアマゾン商品のURLを入力すればできあがり!、、、といいたいところなのですが

まずはAmazonの審査があります。

下図の形で楽天、アマゾン、Yahooのプロモーションの提携依頼を行います。(楽天は勝手に提携されています。)

アマゾンのバナーをクリックすると提携申請のボタンが出現しますのでここをクリックすれば完了です。

あとは審査の返事をまちましょう。

早ければ明日には返事がくるはずです。

メリットとデメリット

このメリットデメリットは、人によって変わってくるかもしれませんが

さらっとわかりやすく紹介しときます。

結論:Amazonのアフィ中心の人はもしもアフィリエイトでいいです。

楽天でも稼ぎたいという人はもしも使わない方がいいですね(固定で1%のため)

気になるAmazonアソシエイトともしもの料金の比較は下記の通りです。

Amazonともしもアフィリエイトの 紹介料比較

アソシエイト(Amazon)料率

10%Amazonビデオ(レンタル・購入)、Amazonコイン
8%Kindle本、 デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、Amazonパントリー対象商品、SaaSストアの対象PCソフト(*2)
5%ドラッグストア・ビューティー用品、コスメ、ペット用品
4.5%Kindleデバイス、 Fireデバイス、Fire TV、 Amazon Echo
4%DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト券
3%本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、
キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/画材
2%CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC、
家電(含 キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
0.5%フィギュア
0%ビデオ、Amazonフレッシュ
※上記の表はAmazonアソシエイト・プログラム紹介料率表を引用したものです。
※URL:アソシエイト・セントラル
その他は一律2%になります。

もしもアフィリエイトの料率

結論から料率面では特に変わりないです。

そしてアマゾンアソシエイトの場合審査がちょっと厳しいので、もしもの方が審査がゆるいという面でやりやすいというメリットがあるのです。

特にブログ初心者の人はもしもアフィリエイトを登録して、いつでもアマゾンからアフィリエイトの設置ができるようにしておくのがベストとなります。

まとめ

いかがでしたか?

とても簡単にアマゾンからのアフィリエイトの設置をすることができたのではないでしょうか?

気になった方はこちらから登録をしてみましょう

皆さんもぜひもしもアフィリエイトから報酬を獲得してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました