【鬼滅の刃】炎柱・煉獄杏寿郎の過去とプロフィールを徹底解説

スポンサーリンク
鬼滅の刃

炭治郎にとって師匠は多くいるかもしれませんが、 炭治郎にとって煉獄さんの教えはとても大きいです。

本誌を見ている人なら、納得するとは思いますが、アニメしかまだ見ていない人は映画で存分に煉獄さんの魅力を堪能をしていただければと思います。

そんな炭治郎の心の師、 煉獄杏寿郎のプロフィールを開設します。

スポンサーリンク

煉獄杏寿郎のプロフィールと人物像

使用する呼吸:炎の呼吸
日輪刀の色:赤
誕生日:5月10日
年齢:20歳
身長:177cm
体重:72kg
出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町)
趣味:能や歌舞伎、相撲観戦
好きな物:さつまいもの味噌汁

煉獄杏寿郎の性格は?

一言でいうとまっすぐすぎる性格で、表面上はあまりこの人悩んだりすることないんだろうなぁといった感じの性格です。

真っすぐすぎて若干ズレてもいます。

例えば炭治郎が ヒノカミ神楽 のことを煉獄さんに聞く場面があるのですが

「うむ!そういうことか!だが知らん!「ヒノカミ神楽」という言葉も初耳だ!この話はこれでお終いだな!」

とすぐに話しを終わらせ、会ってすぐの炭治郎に対して俺の継子になれ!と炭治郎を継子に誘ったりもしています。

柱の一人であるだけに剣の腕も一流であり、戦いの心構えや精神力の強さ等、炭治郎に大きな影響を与えました。

煉獄杏寿郎の過去

煉獄さんの過去として、まずお話しするべきこととして

家族構成となります、煉獄さんの家はエリート家系で、先祖から代々「炎柱」の任に就いています。

お父さんも元炎柱で5体満足で今も生きています。

父親は、作中だと昼間から酒を飲んでいて寝っ転がっている荒れた父親として最初は登場するのですが

もともとは向上心のある人だったそうです。

煉獄家にある、「歴代炎柱の書」というものがあるのですが、 妻である瑠火が病死してしまった事もきっかけとなったのでしょう、その本をビリビリに父親は破いてしまいます。(原因は自暴自棄になり、炎の呼吸は日の呼吸の劣化版と悟ったせいだと思います)

それ以降、煉獄さんは父親から「才能がない」と罵倒され剣術も教えてもらえなくなった環境にいたのですが、その状況の中で柱まで登りつめたほどの努力家となります。

※ネタバレ注意:煉獄の今は?

原作ベースでお話しをしますと。

結論死亡しています、、、、が

炭治郎の心の中で生き続けています。という表現が正しいです。

無限列車での活躍

誰一人命を落とすことがなかった無限列車

魘夢との闘いでは 魘夢 の血気術により眠らされてしまいましたが

眠りから覚醒した後、善逸・禰豆子と共に乗客を守ることに徹しました。

煉獄さんは一人で5両の人間を守り抜き。列車は脱線事故を起こしたのですが、煉獄さんは技を繰り出して衝撃を緩和させたことにより全員を守りぬきました。

魘夢戦の裏方MVPですね。MVPは 禰豆子 になりますが。

上弦の参である猗窩座との闘い

鬼滅の刃の名シーンですね。

これが映画で見れると思うとハンカチを持参しなくちゃとなりますね。めちゃくちゃ楽しみ

無事に無限列車での戦いが終わったかと思ったとき、上弦の参である猗窩座が登場します。

猗窩座 がきた目的は煉獄さんを鬼に勧誘することで、煉獄さんはその誘いを断り二人の戦闘がはじまります。

炭治郎もその戦いに 加勢 しようとしますが、炭治郎は重症を負っていたこともあり煉獄さんは待機命令を出します。

最初は互角の戦いを繰り広げていましたが、すぐに回復をする 猗窩座と徐々に傷が増えていく煉獄さん、徐々に煉獄さんは追い詰めれれていき、左目はつぶれ肋骨も折れている状態とまでなってしまいました。

最初は互角の戦いを繰り広げていましたが、すぐに回復をする 猗窩座と徐々に傷が増えていく煉獄さん、徐々に煉獄さんは追い詰めれれていき、左目はつぶれ肋骨も折れている状態とまでなってしまいました。

追い詰められた煉獄さんは「炎の呼吸 奥義 玖ノ型 煉獄」を繰り出します。

その技で 猗窩座 の頭から鎖骨を大きく斬り裂きましたが、煉獄さんの胸部には猗窩座の腕が突き刺さっていました。

猗窩座は「死ぬ…!死んでしまうぞ杏寿郎!鬼になれ!鬼になると言え!お前は選ばれし強き者なのだ!」

と叫びます。煉獄さんは胸を貫かれていても 猗窩座の頸を斬ろうとしました。

その攻防の中ついに朝日が差そうとしたとき、 猗窩座は慌てて逃げ出そうとしたとき、煉獄さんは貫かれた部分を引き締めて、 猗窩座 を逃がさないようにします。

追い詰められた 猗窩座 は自分で自分の腕を切り離し逃亡、、、

逃亡した 猗窩座 を追ったのは炭治郎でした。

炭治郎は日輪刀を猗窩座に投げつけ

「いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!生身の人間がだ!傷だって簡単には塞がらない!失った手足が戻ることもない!逃げるな馬鹿野郎!卑怯者!お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!煉獄さんは負けてない!誰も死なせなかった!戦い抜いた!守り抜いた!お前の負けだ!煉獄さんの勝ちだ!」

と 猗窩座 に対して泣き叫びます。

その姿を見た 煉獄さんは炭治郎を呼び寄せます。

自身の命がもう長くないことを告げるために

煉獄さんは家族への遺言を炭治郎に託しました。

そして炭治郎にこう伝えました。

「竈門少年、俺は君の妹を信じる。鬼殺隊の一員として認める。

汽車の中であの少女が血を流しながら人間を守るのを見た。

命をかけて鬼と戦い人を守る者は、誰が何と言おうと鬼殺隊の一員だ。

胸を張って生きろ。己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ。歯を食いしばって前を向け。

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。

共に寄り添って悲しんではくれない。

俺がここで死ぬことは気にするな。柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。

柱ならば誰であっても同じことをする。若い芽は摘ませない。竈門少年、猪頭少年、黄色い少年、もっともっと成長しろ。

そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。君たちを信じる。」

今際の際、 煉獄さんは母親の姿を見ます。

煉獄 「 俺はちゃんとやれただろうか。やるべきこと、果たすべきことを全うできましたか?」

母親は「立派にできましたよ。」

と微笑んだ。煉獄さんは満足したような笑顔で命を落としました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました