中国未解決事件の謎。夜狸猫事件とは? 一晩で人や動物が失踪した真相……

スポンサーリンク

昔、青森県山中に存在したといわれている【杉沢村】では、昭和初頭に「村人が一人発狂して、村人を一人ずつ殺していく」という事件が起きた。いまでは杉沢村は廃村と化し、地図からも消されることになった。

という伝承がある。

いわゆる都市伝説として有名な杉沢村が、本当に実在していたのか、村人の惨殺事件が本当に実際起きた出来事なのか、それは明らかにされていない。

山間部の村に関連した奇妙な物語として、中国では【夜狸猫事件】というものがよく知られている。

「一晩にして千人もの村人や家畜、犬猫までが村から消失してしまった」という奇怪な事件で、何故そんなことが起きたのか、どうやって消したのかという謎はいまでも解明されていない。

スポンサーリンク

中国の未解決事件

時は1987年。
中国の真ん中にある陝西省(せんせいしょう)の山間部にある晶山村という村で、一夜の間に村人全員がいなくなってしまうという事件が起きた。
村人だけではない。家畜や犬猫まで、いわば神隠しのように消失してしまったのだ。
この摩訶不思議な事件は中国において「夜狸猫事件」との名で広まり、インターネット上でも沢山の人が興味を持ち、活発な議論が行われてきた。が、しかし今でも解明されるには至っていない。

試みに「夜狸猫事件」と検索してみると、事件の詳細を事細かに記したページがヒットするはずだ。
中国で起きたこの謎多き未解決事件は、一見【杉沢村伝説】と近いように思える。が、ただひとつ、この二つの事件には異なる点がある。それは、晶山村が「現在でも残っている」ということだ。

事件が起きてから30年もの月日が流れ、立ち並ぶ家々は外観からして荒れ放題である。
かつてこの村で暮らしていた人々は、いったいどこへ消えたのか。
インターネット上においては、この夜狸猫事件について、嘘か誠か、いくつかの興味深い説が唱えられている。

宇宙人による集団拉致説

いかにも都市伝説らしい、眉唾物の説ではある。が、村の周辺に住んでいた者の証言として「事件が起きる前に、晶山村上空を飛ぶ未確認飛行物体を見た」というものがある。
くわえて、夜狸猫事件において不審な点がある。この村からは事件を想起させるような痕跡がまったく見つからなかったのだ。
家の内部が壊されていたり、血痕のひとつも存在していない。このことから、宇宙人によって拐われたのだと結論づける人も多い。

中国共産党による強制移住

事件当時に晶山村の近くに居住していた人によれば、「あるとき軍隊が訪れ、村人をさらっていった」と証言しているらしい。
これは要するに「中国共産党、人民解放軍によって強制移住をさせられたのではないか」という話だ。事件の真相としてはもっとも腑に落ちるもののようで、この説がかなり有力だとみられている。

村人には事前通告がなく、夜の間に無理やりに別の場所へと連れて行かれ、住むように命じられ、口止めもされているせいで真相がいまだ闇の中というわけだ。
この計画のコードネームこそが何を隠そう「夜狸猫」であったという噂すらある。
何故強制移住の計画が立てられたのか。その理由としては、村近くに核開発の施設があったために村人の安全確保のためだったという。
中国共産党、人民解放軍は、ともに夜猫狸事件について一切関わりはないと断定しているものの、宇宙人に誘拐されたという説に比べればよっぽど有りえる話にも思える。
つまるところ、夜狸猫事件はいまだ未解決のまま。たったひとつ、村人が全員失踪したという事実だけが歴史に残されている。これから先、真相が白日の下にさらされる日はくるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました