まるでドラゴンの炎のような弾丸!ドラゴンブレス弾とは?

スポンサーリンク

ドラゴンの定義は、「ヨーロッパ神話に出てくるモンスター」である。巨大な翼が生えていて空を駆け、大きく開けた口から猛烈な炎を噴出させる。その炎は英語で【Dragon’s breath(ドラゴンの息)】と呼ばれる。なんとこのドラゴンの息のような炎をショットガンから放つことを可能にした、とんでもない弾丸が存在する。

スポンサーリンク

ショットガン用の焼夷弾

この弾丸は「ドラゴンブレス弾」という名称でよぱれ、12ゲージ散弾銃に用いられている。ただし、この弾丸に散弾は含まれていない。弾丸内はマグネシウムの破片でいっぱいになっている。弾丸が打たれると表出したマグネシウムは空気に触れて化学反応し、ものすごい勢いで燃焼するのだ。
化学にあかるい者ならが理解できると思うが、マグネシムは空気中で熱を与えられると閃光を放ち、一気に燃焼する。燃焼の温度は2000度から3000度。放出される炎の全長はなんと100フィートにもなり、火炎放射器さながらである。要するに、散弾以上に危険度の高い弾丸ということだ。

<!–td {border: 1px solid #ccc;}br {mso-data-placement:same-cell;}–>
https://www.youtube.com/watch?v=t8fmhpy0z1U&feature=emb_logo

戦闘での使用例はない

ドラゴンブレス弾。それがどのような理由があって発明されたのかは明らかになっていない。今のところではあるが、アメリカ軍や法執行機関の公的記録によれば、戦闘で実際に使われたという記録は残っていない。信号弾の代用として使用されたことがあるらしいが、信号弾に効果は遠く及ばないため、常時の使用とはならなかった。また、脅しや威嚇が目的で開発されたのでは?という説もある。兵器利用を目的として軍が発明したという線は薄いようだ。こうなると使われ方が無いんじゃないかとさえ思えるが、そのヴィジュアルの派手さから愛好家の間では評判になっている。弾の価格は1つで5ドル。散弾と比較すると高い。

ドラゴンブレス弾は違法

ドラゴンブレス弾そのものは、ほとんどの国やエリアでイリーガルなものとなっている。この弾丸はジャンル分けするならば焼夷弾や火炎放射器の仲間になるわけで、国際法上で使用制限の対象となる。さらには、大規模な火災を生む原因ともなり得るため、アメリカのほとんどの州でも禁止されている。

COD:MWの中なら使える

使用についても、使用目的についても困難を極めるドラゴンブレス弾。どうしても使いたくなった時には、ゲームという手段がある。【Fallout】などのゲームでは使用できるのだ。近年でも、話題となったFPSゲーム【コールオブデューティー モダン・ウォーフェア(COD:MW)】アップデート1.18において武器として選択することができる。具体的にはショットガンodel680のアタッチメントで使える。最終手段でCOD:MWという選択肢がある、ということだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました