【エリサ・ラム事件]女の死体が貯水タンクから発見された。謎多き事件の真相…

スポンサーリンク
怖い話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エリサラム事件とは

エリサラム事件はロサンゼルスであった事件となり

この事件は現在でも怪事件として注目を集めている。

エリサラム事件が注目されている理由

被害者であるエリサラムが亡くなる直前の行動にある。

その行動が亡くなる直前に、エレベータに乗った監視カメラの映像が理由となります。

エリサラム事件までの流れ

2013年エリサラムはカナダ在住の女子大学生だった。

エリサラムはアメリカ旅行を楽しんでいて、旅行中のエリサラムは毎日両親に連絡をいれていたが1月31日だけ連絡がなく心配をした両親はエリサラムが宿泊していたセシルホテルのあるロサンゼルス市警に電話をしました。ロス市警は可能な限りホテルを捜索したがエリサは見つからず失踪事件として捜査をされたことが始まりです。

セシルホテルの蛇口から変色した水がでる。

エリサラム失踪直後、セシルホテルの宿泊客から水のクレームがでるようになりました。

そしてエリサラムの失踪から時間がたつにつれて「水が黒く変色している」「味が変」という苦情が増えだします。

そのため貯水槽の点検をすることとなりました。

貯水タンク捜査の結果

貯水タンクを捜査したところ、客室やキッチン、コーヒーショップの水を供給していた貯水槽の中にエリサラムの遺体が浮いていた

エリサラムの遺体はすでに腐敗が始まっており、体色が変色し皮膚の分離も見られていた。

遺体は全裸でルームキーや腕時計も一緒に浮いていたそうだ。

水の味や色の変化は彼女の遺体によるものが原因でした。

エリサ・ラム事件の捜査開始

エリサラムが通報された2013年1月31日以降、失踪事件として捜査が始まります。

同年2月19日に遺体が発見され

殺人を視野に入れた捜査に切り替わりました。

ここでエリサラム事件の結論と噂さされる説を紹介します。

事件の結論

目だった外傷がなかったため事故死とされた。

司法解剖されましたが、エリサの遺体には目立った外傷がなかったため死因は不慮の事故と発表し捜査が打ち切られました

エレベーターでの奇妙な動きが話題に

監視カメラに録画された映像が世間の関心を集めました。

そこではエリサが何度もエレベータに出入りをし外の廊下の誰かに話しかけたり中に身をかくしたりする様子が映っていて、自分が下りるのではないいろいろなボタンを押した後エレベーターを後にしたのが最後になります。

エリサラム事件問題の動画

【怪異】貯水タンクで謎の死を遂げた女性の奇妙な行動をとらえた映像

エリサラム事件で議論された真の真相

エリサラムは精神疾患を抱えていて双極性障害と抑鬱症をもっていました。

そのため治療薬で4種類の薬を常用

彼女の遺体の検死解剖の結果、常用薬には含まれていない「シヌタブ」と「イブプロフェン」の成分が彼女の体から見つかっています。

そのためエリサラムは薬物を服用していた可能性が考えれる。

しかしこの薬物は一般的な風邪薬や片頭痛に含まれている成分のため死亡に至るほどではないという疑問があります。

他殺説は?

根強い他殺説があります。

それは貯水層のあるセシルホテルの屋上に行くためにとおらなければならない、扉や階段は施錠されていたことが原因となります。開けれらるのはカギをもちパスコードを知っているホテルスタッフのみでした。

そして高さ2.4メートルもある貯水層にどうやってエリサラムがあがったのか、どうやって重い二を外したのか疑問が多く

こうした謎が多いことから他殺説が噂をされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました