【速報】キャバクラ手越処分直後なのにありえない行動を。事実を知ったあなたはきっと虫唾が走る……

芸能ニュース
スポンサーリンク

自粛できない男、手越祐也が謹慎期間中である5月23日の未明、六本木のラウンジやバーで、朝まで女性らと酒盛りをするなどしていたことが文春さんにすっぱ抜かれました

23日の午前1時頃、普段からは想像も付かないほど閑散とした六本木の街に、手越の姿はあった。雨が降りしきるなか、キャップを目深に被りマスクをつけ、上下黒い服を着た手越が向かったのは、路地裏の歓楽街にある馴染みのラウンジ「X」。美人女性スタッフが接客をする界隈では有名なラウンジだ。

キープの麦焼酎とテキーラをハイピッチで

「男性友人2人とラウンジ『X』へ入った手越さんは、すべてがいつも通りでした。自身の名前で入れてある麦焼酎のボトルの他に、テキーラを飲んでいました。この店の前にも別のラウンジにいたようで、お酒はハイペース。ゲームをして負けたらテキーラを飲むということを繰り返していた。

パーティ報道の後だったということもあり、週刊誌を気にしているかと思ったのですが……真逆です。自虐ネタのように週刊誌の名前を口にし、友人らと『週刊文春でーす!』『フライデーでーす!』とふざけ合っていました」(六本木飲食業界関係者)

女性3人を引き連れてバーへ

 ラウンジをハシゴした後は、お決まりのバーへと歩いて移動。

「ラウンジが閉店する午前3時まで女性たちとお酒を楽しんでいました。手越くんはラウンジで女の子を捕まえた後に決まって行くバーがあるのですが、この日もラウンジ『X』から女性3人を引き連れて、そのバーへハシゴしていました。ラウンジからバーまでは歩いて1分ほどの距離ですが、手越くんは厳重装備で移動していた。店を出る前にふたたびマスクをつけて、キャップを目深くかぶって。

「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)

スポンサーリンク

バーでは泥酔でフラフラの女性も

 バーに入ってしまうと、いつも通りお酒をガバガバ飲んでいました。中にはフラフラになるほど泥酔している女性もいましたよ。反省? そんな様子は全くありませんよ。『文春、もっと細かく書いてよ! もっとちゃんと書いて! 毎回見ると、え? それだけ?って思うよ(笑)』などと言い出す始末でした。ただこの日は、女性とは別で帰って行きましたね」(手越と飲んだ友人)  緊急事態宣言が出る前から、小池百合子都知事は「特に若者においてはカラオケやライブハウス、中高年にはバーやナイトクラブなど接待を伴う飲食店に行くことは当面は自粛してほしい」と呼びかけている。ナイトクラブには東京都から休業要請が出ているはずだが――。 「ラウンジ『X』は自粛期間でも開けていることが多いです。女性に対しても普通の時給を出しているので、所属店舗で働けないキャバクラ嬢や、他店のラウンジ嬢が集まってきているのが現状。常連さんたちは女性が集まっているという噂を聞きつけ、来店しています。最近は満卓の日も多い。本来、風営法では原則午前0時まで、条例で認められた地域でも午前1時までの営業が基本なのですが、入口を閉め、閉店したように装って、常連さんたちは3時までいられるようになっています」(ラウンジ関係者)

「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)

手越は朝5時半にタクシーで……

 一晩中、豪遊をした手越が店を出たのは朝の5時30分頃。すでにあたりは明るくなっていた。“自粛できない男”は1人でタクシーに乗り込み、自宅へと帰って行った。  これらの事実について、ジャニーズ事務所に確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった。事務所をあげての「STAY HOME」キャンペーン中に、またもや手越の“自粛無視”。泣く子も黙るジャニーズ事務所が、メンツ丸つぶれではないか。  

「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)

コメント

タイトルとURLをコピーしました