【仲内隼矢】印西放火殺人の犯人の現在は?学生時代の写真も、犯行理由についても紹介

事件の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仲内隼矢とは

印西放火殺人の犯人です。

放火殺人懲役20年と17年求刑

仲内隼矢の学生時代

印西放火殺人とは

千葉県印西市竜腹寺の住宅で昨年2月、火災の焼け跡から海老原よし子さん=当時(55)=の遺体が見つかった事件で、現住建造物等放火と殺人の罪に問われた男女3人の裁判員裁判の公判が28日、千葉地裁(前田巌裁判長)であり、検察側は火を放ったとされる仲内隼矢被告(22)とリーダー格の金崎大雅被告(22)に懲役20年、菅野弥久被告(22)に懲役17年をそれぞれ求刑した。判決は12月12日に言い渡される。
検察側は論告で、共謀の成立を争う金崎被告と菅野被告について、仲内被告と意思を通じ合い、屋外にあったドラム缶から灯油を調達するなど「必要不可欠な役割を担った」と説明。仲内被告は海老原さんが生きた状態のまま火を放っており、「犯行の中核を担った」とした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました