Facebook広告・Twitter広告・リスティング広告の特徴や違いを徹底解説

スポンサーリンク
仕事

コンサルの仕事をやってると、この案件にはどんな広告が有効なのか?どういうターゲティングが適切なのか?

などなどクライアントの売り上げを最大化するために適切な広告を提案していく必要があります。

今回は、いまでは主流となっているSNS広告、リスティング等の違いについて説明します。

スポンサーリンク

リスティング広告

リスティング広告は、グーグルとかヤフーで検索すると上にでてくる広告で、検索連動型広告とよばれています。WEBマーケでは最も基本的でこの運用者の求人はかなり多いですね。

適切に運用できれば、最も高い効果を期待できる広告手法です。

高い効果が期待できる理由としては、自社サービスに関連性の高いキーワードを検索したユーザー(顕在層)を効果的に自社サイトへ誘導することができるためです。ユーザーが検索するであろうキーワードを予測し設定しておくことで、そのキーワードで検索をした際に広告を表示することができます。

検索という能動的なアクションをした後の広告なので、ユーザーのマッチがしやすいですよね、費用対効果のみを考えるならリスティングが一番無難な手法となります。

課金方法はクリック課金で、広告の露出は入札状況によって変わるので、競合の少ないキーワードならボリュームが少なくて、競合の多いキーワードならボリュームが大きいということが多いです。

リスティング広告のメリット

・モチベーションの高いユーザ(顕在層)にリーチできる高い費用対効果が見込める。
・少額の予算からでも開始できる。
・広告の停止・再開などが簡単に行える。

リスティング広告のデメリット

・多くのユーザー(潜在層)にリーチするには向いていない。
・競合が多いキーワードを狙う場合は高額な費用が必要になる。

※資金力のある大手企業が既に参入している場合は、とにかく広告を上位表示させようと、高額入札していることがあり、単価が高くなってしまう場合があります。

アドネットワーク広告

WEB界隈ではGDN・YDNという言葉でよくつかわれています。

なんぞやって感じになるとおもうのですが、GDNはグーグルで画像(バナー)が表示されてる広告、YDNはYaooって感じです。

純広告と違ってどの媒体に広告が配信されるかを管理することはできませんが、広告を掲載したいサイトのカテゴリを選定することで自社の商品と相性のいいユーザーへリーチすることができます。人ではなく面でセグメントをかけていくというイメージです

課金体系は、クリック課金やインプレッション課金が多く、入札制となっており、高いクリック単価、インプレッション単価を設定している広告主から優先的に広告が表示されるようになっています。

似たような手法の広告に「DSP広告」というものがあります。これは複数あるアドネットワークをさらにとりまとめて一括配信するもので、さらに多くの媒体に出稿が可能となります。さらにこの配信は各種サイトに対してではなく「どんな属性の人か?」と、その広告を見ている人を選定して認知を促すことができます。「スポーツサイトばかり見ている男性」「自社のサービスに申し込んだ利用者と同じ属性の人」など、潜在顧客となり得るユーザーに対して、さらに効果的にリーチをしていけるのがDSP広告です。

アドネットワークのメリット

・多種多様な媒体へ露出が可能。
・課金形態が統一(クリック課金型、インプレッション課金型)
・独自のターゲティング方法があり、目的に応じた使い分けができる
・広告本数を多く入れることができ、広告の停止・再開などが簡単に行える。

アドネットワークのデメリット

・入札金額によっては露出されないこともある。
・提携媒体が多いためどの面に出ているかといった詳細までの把握が難しい。
・ターゲットユーザー層や広告を配信したい媒体が異なる場合、複数のアドネットワークに出稿する必要がある

Facebook広告

Facebook広告の最大の特徴は、細かな条件設定により精度の高いターゲティングが可能という点です。登録ユーザー数は、日本国内で約2,400万人となっており、下記記載の詳細条件から自社サービスに合ったターゲットに的確に広告を表示することが可能となっています。

Facebook広告の種類

Facebook広告は、現在12種類のなかから選ぶことができます。3つの目的別に12種類が分類されているので、広告主は自身の目的に沿ったものを選ぶことで、適切な広告を打つことができます。

■認知度を高める
・投稿を宣伝
投稿への「いいね!」、コメント、シェアを促します。

・Facebookページを宣伝
該当のFacebookページへの「いいね!」獲得を促します。

・ブランドの認知度をアップ
興味を示す可能性が高い人に広告を表示します。

■検討機会を提供する
・ウェブサイトへのアクセスを増やす
ウェブサイトの指定したページに誘導します。

・アプリのインストールを増やす
まだアプリをインストールしていないユーザーにインストールを促します。

・イベントの参加者を増やす
イベントページを宣伝し、参加を促します。

・動画の再生回数を増やす
投稿した動画の再生回数を増やすのに適したものです。

・ビジネスのリードを獲得
ユーザーの電話番号やメールアドレスを目的とした広告です。

■コンバージョンを高める
・ウェブサイトでのコンバージョンを増やす
上記の「ウェブサイトへのアクセスを増やす」に加えて、コンバージョンピクセルの設定ができるので、広告を見た人が設定したコンバージョンに至ったか測定できます。

・アプリのエンゲージメントを増やす
インストールしているユーザーにもリーチし、アプリの指定した場所に誘導できます。

・クーポンの取得を増やす
Facebookページ上でクーポンを配布します。

・製品カタログを宣伝
製品カタログを自動的に表示し、宣伝します。

ターゲット設定可能項目

・地域→国、都道府県、市区町村まで設定可能(※郵便番号は米国のみ)

・年齢、性別→、学歴、学歴、家族構成、ライフイベント、勤務先まで設定可能

・趣味、関心→趣味関心ごとで設定可能(映画、サッカー、マーケティングなど)

・行動→購入行動や趣味・関心、電子機器の利用状況などを設定可能

・つながり設定→ 自社とつながりのある人にのみ配信、自社とつながりのない人にのみ配信、詳細なつながり設定(ページ名、アプリ、イベント)などが可能

これだけの情報を駆使し、適切なユーザーに対して広告を表示することができるFacebook広告は、潜在層はもちろん顕在層へのアプローチも可能な広告媒体としてリスティング広告をも脅かす存在とされています。

課金方法

課金方法は、広告の目的に合わせて選ぶことができます。予算の消化速度は自分が選択した広告の種類によって異なり、ターゲットの規模、リーチに必要な入札価格、広告のスケジュールなどに左右されます。

CPM、CPC課金がメインとなっており、入札金額および広告関連度(テキストと画像の組み合わせに統一性があるかなど)、CTRなどによって総合的に判断され広告の露出具合が決まります。入札金額は、Facebookから推奨入札価格が表示されるので、それを目安として設定すると良いかと思います。

■CPA(アクション単価)

[課金方法]

広告を見たユーザーの起こしたアクション(「いいね!」、リンクのクリックなどから選択可能)に対してのみ支払いを行います。

[適した広告主]

ユーザーに促したいアクション、ゴールが決まっている広告主

■CPM(インプレッション単価)

[課金方法]

インプレッションの数で料金が計算されます。広告が初めてユーザーのニュースフィードに表示されるか、右側にある広告枠に表示されると、それがインプレッションとしてカウントされます。

[適した広告主]

ブランドの認知度を上げたい広告主

■CPC(リンククリック単価)

[課金方法]

広告主のウェブサイトまたはアプリに移動するリンクがクリックされるたびに支払いが発生します。

[適した広告主]

ウェブサイトやアプリへ誘導したい広告主

Twitter広告

Twitter広告は、上述のFacebookと同様にTwitter登録ユーザーに対してアプローチをしていく広告のことです。他のSNSと比較すると、学生が多く、男女ともに若い世代のユーザーが多いという点が特徴です。

広告配信の目的は、「フォロワー数の増加」や「特定のツイートのリーチの上昇」、「外部誘導」「情報拡散」となります。

ユーザーのタイムライン等に広告主のツイートが表示される仕様になっています。
登録情報やツイート内容からターゲットを絞ることができるので、適切なユーザーをフォロワーとして集めることができます。

ターゲット設定可能項目

・キーワード
・興味・関心
・フォロワーと類似ユーザー
・地域
・デバイス
・性別
・カスタムオーディエンス(訪問履歴や購入履歴があるユーザーへ配信)
・新しい端末(新端末でTwitterを利用し始めてからの経過期間を指定して配信)
・Wi-Fi接続時限定

Twitter広告はエンゲージメント課金(CPE)となります。エンゲージメントとは消費者の積極的な関与や行動(クリック、リツイート、お気に入りなど)の事を指します。
数十円単位からの入札が可能かつ二次拡散後は課金がされないので、少額での運用が可能です。

Twitter広告のメリット

・情報がリアルタイムなので、ユーザーの声が拾いやすい。
・PC、iOS、Androidなど、様々なデバイスからのアクセスが多い。
・短期間で波及的に広がっていく可能性を秘めている。

Twitter広告のデメリット

・リツイートされたものを止めたり消したりできない。(ツイートが保存される)

一覧ターゲティング方法まとめ

課金方法 一覧 まとめ

目的方法 一覧 まとめ

現在需要が高まっている YouTube 広告

今後も需要が高まり続けると予測がされているユーチューブ広告

ユーチューブ広告にはいくつか種類があるので簡単にまとめておきます。

TrueView(トゥルービュー)広告

TrueView広告とは、Googleが運営するYouTubeに掲載される動画広告全般のことを指します。

TrueView広告はさらに、 YouTube内の動画閲覧ページの動画プレーヤー内に表示されるインストリーム広告と、YouTubeの検索結果一覧や動画右横の関連動画欄に表示されるディスカバリー広告に分かれます。

TrueView インストリーム広告

TrueView インストリーム広告とは、動画を視聴する前に表示されるもので、「5秒後にスキップ」と表示される広告です。広告再生中の5秒間は飛ばすことができません。 最近だとソフトバンクで松本人志さんつかってやってますよね。

TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告とは、ユーザーが検索したキーワードや視聴している動画コンテンツと関連性の高い動画広告のことです。以前は「インディスプレイ広告」と呼ばれていましたが、2016年6月より名称を変えてリニューアルしました。

バンパー広告

バンパー広告とは、最長で6秒間と短い時間で、スキップが不可能な動画広告を指します。わずか6秒間に企業や製品のアピールポイントを盛り込み、オリジナリティやインパクトのある表現でユーザーに伝える必要があります。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル専用の動画広告フォーマットです。6秒~30秒の動画広告で、YouTube内ではなく、ほかのWebサイトやモバイルアプリなどに配信されます。

YouTube動画広告の料金・課金体系

TrueView(トゥルービュー)広告の課金タイミング

料金が発生するのは、ユーザーが動画を 30 秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30 秒経つ前に動画を操作した場合です。無作為な表示や動画広告の視聴の有無がはっきりしない場合に関しては料金が発生しません。動画の操作とは、アバターや共有ボタン、表示されたURLをクリックするなど、広告に対して主体的に行う具体的なアクションを指します。

バンパー広告の課金タイミング

バンパー広告はインプレッション単価制という仕組みに基づいて料金が決まります。広告が 1,000 回表示されるたびに料金が発生します。

アウトストリーム広告の課金タイミング

アウトストリーム広告は、「視認可能なインプレッション単価」という課金方式をとっています。具体的には、広告の面積の 50% が 2 秒以上表示された場合のインプレッション数に応じて料金が発生します。

YouTube動画広告は1日1,000円から出稿可能!無駄のない課金体系

YouTubeの動画広告は形態にかかわらず出稿する側が予算を決められます。そのため、低料金から出稿可能です。 YouTubeによると、ほとんどのユーザーが1日の予算をまず1,000円に設定してキャンペーンを展開しているそうです。

また、課金が発生するのはユーザーが広告を視聴した時に限られますので、無駄な料金が発生することもありません。

YouTube動画広告で利用できるターゲティング

YouTube動画広告で利用できるターゲティングは以下の通りです。

ユーザー属性グループ

性別、年齢、子供の有無、世帯年収の基本項目でセグメントできます。

詳しいユーザー属性

「ユーザー属性グループ」の4項目に加え、以下のような詳細なユーザー属性を設定できます。よりユーザーの状況にあった広告を配信可能です。

配偶者の有無

・独身

・交際中

・既婚

教育

・高校卒

・学士号

・大学院卒

・現役の大学生

住宅所有状況

・住宅所有

・賃貸

興味/関心

どのような項目に興味関心のあるユーザーに広告を配信するかをジャンルごとに設定できます。非常に細かい分類があり、自社のサービスやブランドに合わせてカテゴリをカスタムすることもできます。このセクションだけで100以上のチェックボックスがありますが、基本的には広告でPRしたいサービスやブランドに関係のある項目だけにチェックをすればよいでしょう。

ライフイベント

マイホームの購入、引越し、大学卒業、結婚などの人生の節目では、購入行動やブランドの好みが変わる可能性があります。この項目を設定しておけば、該当する見込み顧客にアプローチできます。

購買意欲の強いオーディエンス

出稿しようと思っているサービスやブランドに似たものを調べていたり購入しようとしたりしているユーザーに広告を配信できます。

カスタムインテントオーディエンス

ユーザーがGoogle 検索で使用した検索語句に基づいたターゲティングができます。

動画リマーケティング

動画、TrueView 広告、YouTubeチャンネルの閲覧などの行動履歴に基づいて広告を表示できるターゲティングです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました