WEBマーケティングの基礎用語

デジタルマーケティング一般用語

インフィード広告

サイトを見ているときに表示されたりする広告のことをさします。
フェイスブックやツイッター、グノシーなどのニュースアプリでよく利用されているものですね。最近はバナーだけではなく動画の配信もしているところもありますね

インフィード広告とネイティブアド広告は似ているように感じますが、ネイティブアドはコンテンツに対して広告っぽくない広告のことをネイティブアド広告といいます。ユーザーにコンテンツとしてクリックしてもらえるように工夫がされてますね。

インストリーム広告

ユーチューブなどの動画サイト大画面で表示をすることができる広告です。
動画コンテンツの前に再生されるタイプをプリロール動画広告と呼びます最近では動画視聴中、視聴後にも流れるのが当たり前になってきましたね

数秒後に視聴選択できる広告がスキッパブル広告といいます。強制的に見せてくるうざったい広告がノンスキっパブル広告

今はどの企業も使っている広告になりますね

CPV課金(広告視聴単価課金)方式が多く、 ユーチューブの場合完全視聴単価方式が採用されていて広告の視聴が中断、または30秒未満の再生の場合は課金されないなどがあり。広告が最後まで再生された場合、または30秒以上再生された場合にのみ課金がされるスタイルになるため、広告投資のリスクを抑えることができます。

リスティング広告やディスプレイ広告ではCPC(1クリックあたりのコスト)やCPM(1000回のインプレッションコスト)が使用されていますね

インバナー広告とは

バナーのとこに動画が配信される広告です、インディスプレイともいう
音声は基本OFFになっているのでなんか動いているって感じになります
マウスオーバーをするとエキスパンド表示されるなどインタラクティブな要素を加えた配信ができるものもあります。

強みとしては動画サイト以外に動画を配信することができるのが強みでリタゲやオーディエンスターゲティングなどでターゲティングして配信ができるのがいいところ、ファイルサイズによって、配信費が高くなりCPMは静止画の数倍~数十倍になる。

インリード広告

サイトをスクロールして広告が表示されたら動画が再生されるとう広告
メインコンテンツ中にあることが条件で、単にスクロールして表示される広告はインスクロール広告になります。
ニュアンス的にネイティブアドの広告フォーマットの1つ「インフィード広告」の動画バージョン

インバナー広告の場合、広告が画面に表示されていなくても再生が始まってしまいますが、インリード広告では動画の最初から見せることができるので、ストーリー性を持ったクリエイティブとの相性が良い、また、メインコンテンツと同じ枠に表示される&画面占有率も高いため、通常のバナー広告よりも視認性が高くなるというメリットがあります。

アフィリエイト広告

どこかのサイトページに広告を掲載してもらう形式の広告で成果報酬型が多いです。大きなサイトの場合固定費やクリック課金などいろいろとあります

アフィリエイト広告を理解するには、「リワード広告」「ブースト広告」というワードも一緒に理解しておくと良いでしょう。「アフィリエイト広告 > リワード広告 > ブースト広告」という感じになります。

インスクロール広告とは

インスクロール広告とは、インリード広告と同じく、ユーザーがWebページをスクロールして広告が画面に現れたら表示される広告ですが、インリード広告とは違い、記事中の広告に限定されません。単にスクロールすることにより表示されるというタイプの広告を指します。配信されるクリエイティブのほとんどが静止画ではなく、動画です。

リワード広告とは

リワード広告はアプリに多く見られます。、アップルは良く思っていないようですが(ランキングをゆがめる意味で)、実際はリワード広告への(ブースト広告としての)需要はアプリの普及とともに増えているのが現状です。

広告のリンク先のWebサイトで、アプリのダウンロードや、商品の購入など成果が発生すると、広告主から媒体に成果報酬が支払われ、媒体がその会員に媒体内で使えるポイントなどを付与する仕組みの広告のことをリワード広告といいます。

ブースト広告とは

アプリのランキングを一時的に急上昇させることを目的としたリワード広告のことで、リワード広告の予算を集中させていアプリランクインさせることを狙っています。

リッチアドとは

ユーザーの操作に合わせて変化するインタラクティブ広告のことです、映像や音声を使用したビデオ広告

ブランディングを目的とする利用者が拡大されることが予想される。

ブランディング広告(ブランド広告)

昔はTVCMが主流だったが、 最近では広告主企業がWeb媒体でブランディング広告を展開することが多くなった。 レスポンス広告と対になる
認知や好意的なイメージを獲得することを目的としています。

レスポンス広告のゴールが直接的・短期的な売上、Web広告以外にもメルマガやDMなどもこれに含まれる

ブランディング広告では、認知度、メッセージ想起、好意度、購入意向などのブランディング指標を向上させることがゴールになる。

ダイレクトレスポンス広告(レスポンス広告)

ダイレクトレスポンス広告とは、広告接触者から購買に繋がるレスポンスを得ることを目的とした広告のことで、企業やサービスのブランド向上を目的とする広告であるブランディング広告と対になる用語です。Web広告以外にもメルマガやDMなどもこれに含まれ、ユーザーの購買に繋がるポジティブなアクション(レスポンス)のみに目的を絞っているため、効果検証も行いやすい広告でもあります。

CPAを意識しすぎてターゲティングが厳しいとリーチ先が限られ、売り上げ額とCPAのバランス感覚が必要となる。

運用型広告とは

検索連動型広告(リスティング広告)に加え、アドテクノロジーを活用した運用によって、広告枠、入札額、ターゲット(オーディエンス)、クリエイティブ、コンテキストなどを、変動させながら出稿する方式の広告を指します。具体的には、リスティング広告のほか、アドエクスチェンジ、DSPなどのアドテクを活用した広告(アドネットワークも一部含まれる)が含まれます(純広告、タイアップ記事広告、アフィリエイト広告などは含まれない)。

純広告では「○○期間で○○円」「○○Impで○○円」のように、固定で広告枠の売買が行われますが、運用型広告では“入札”によって広告枠の金額が変動することが特徴です。運用型広告の場合、広告主は広告枠をCPCやCPMの入札方式で購入します。広告効果を運用によって、短期間に改善できることも特長で、運用者のスキルや利用する広告配信システムの機能により、配信結果が左右されます。例えば、リスティング広告では、広告を配信する地域、時間帯、入札額、デモグラフィック情報などのユーザー情報、配信先のWebサイトのコンテンツなど、広告効果を高めるためにいくつもの設定が用意されています。

PPC広告(Pay Per Click Advertising)

PPC広告とは、リスティング広告に代表される、クリックされることによって課金されるタイプの広告(クリック課金型広告)のことです。クリックはユーザーがその広告に興味を示しているということを表し、それに対してのみ課金されるため、高い費用対効果があるとして現在でもWeb広告の主流となっています。

単価の指標にはCPC(Cost Per Click)が使用され、これは1クリックあたりの費用を表します。ただし現在は、アドテクの普及によりインプレッション課金型広告も増えてきています。

インプレッション課金型広告とは

インプレッション課金型広告とは、広告の表示回数ごとに課金されるタイプの広告のことです。単価の指標にはCPM(Cost Per Mille)=1,000回表示あたりのコストが使用されます。Milleはラテン語で1,000を意味する「mille」からきています。

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告とは、Webサイトのテキストを分析して、そのテーマと関連性の高い広告を表示する仕組みのことです。Google AdWordsが代表的なコンテンツ連動型広告です。

興味関心連動型広告

興味関心連動型広告とは、コンテンツ連動型広告に「過去に閲覧したページ」「直近の検索キーワード」などの行動ターゲティングの要素(ユーザーをセグメントできる)がプラスされた広告手法で、デモグラフィック情報や時間軸でもターゲティングできる点が特徴です。代表的なものにYahoo!のインタレストマッチがあります。

行動ターゲティング広告(BTA:Behavioral Targeting Advertising)とは

行動ターゲティング広告とは、ユーザーが閲覧したページ情報(行動履歴)をもとに、ユーザーの興味関心でセグメントする広告のことです。これの代表的な広告がリターゲティング広告です。リターゲティング広告は、1度サイトに訪問したユーザーに広告配信を行うことから、ノンターゲティングの広告よりも高いCVRが期待できます。

Webマーケティング効果指標

インプレッション(Impression)

広告の表示回数のこと。単価の指標にはCPM(Cost Per Mille)がよくつかわれているが、これは1,000回表示あたりのコストのことである。

CPM(Cost Per Mille)

1,000回表示あたりの広告コストのこと

CPC(Cost Per Click)

コスト÷クリック数で算出することができる

CPCとは、1クリックあたりの広告コストのこと

CTR(Click Through Rate)

クリック数÷インプレッション数 で算出

クリック率のこと

コンバージョン(CV:Conversion)とは

成果のことえBtoBなら資料請求、通販なら購買、採用サイトならエントリーなど具体的な定義はきまっていない。

CVR(Conversion Rate)

コンバージョン数÷Webページ流入数(広告のクリック数)で算出する。

CVRとは、SEOやWeb広告などでWebサイトに訪れたユーザーがどのくらいコンバージョンしているかという割合です。

“Webページに流入したユーザー”が母数になるので、広告以外にもそのWebページの評価指標としても使用できます。

CPA(Cost Per Acquisition)

CPA=CPC÷CVRで算出する

CPAとは、1件のコンバージョンを獲得するのにかかった広告コスト(成果単価)

Web広告の指標の中でも最も重要視されています。Web広告で、効果があるとみなすためには、CPAの数値がかけているコストよりも下回っている必要があります。Web広告の目標設定にはこのCPAという指標が必要不可欠です。

CPV(Cost Per View)

CPV(Cost Per View)とは、“広告視聴1回あたりのコスト”のことで、動画広告の広告視聴単価で使用される指標です。従来のリスティング広告やディスプレイ広告では、CPC(クリックあたりコスト)やCPM(1,000回インプレッションあたりコスト)が使用されています。動画広告の場合は、“視聴”させることが重要なので、この課金形態が多いです。

例えば、YouTubeのTrueView動画広告は“完全視聴単価”方式で、広告がスキップされたり、途中でブラウザを閉じたりして、広告の視聴が中断された場合は課金されません。広告が最後まで再生された場合のみ課金されるので、広告投資のリスクが抑えられます。

CPCV

CPCV(Cost Per Completed View)とは、ユーザーの動画完全視聴完了数(実際は完全視聴完了数、もしくは上限秒数までの視聴完了数)に応じて、コストが発生する課金方式をさします。

CPE(Cost Per Engagement)

CPEとは、1エンゲージメントあたりの広告コストのことで、エンゲージメント課金型の広告(Googleエンゲージメント広告、ソーシャルを利用した広告など)で使用される指標です。コスト÷エンゲージメント数で算出できます。

エンゲージメントの定義は、広告商品によって異なるので注意が必要です。例えば、Googleのライトボックス広告(大きなサイズに展開可能なエキスパンド広告)では「広告に 2 秒間カーソルを合わせて広告を展開」、ツイッターの広告商品では「広告ツイートに対するユーザーのアクション(リツイート、クリック、返信、お気に入り登録など)」などをエンゲージメントとしており、エンゲージメント発生タイミングで課金される広告のことをCPE広告と呼びます。

CPI(Cost Per Install)

CPIとは、1インストールあたりの広告コストのことで、インストール課金型の広告(リワード広告など)で使用される指標です。コスト÷インストール数で算出できます。インストール成果型のリワード広告のことを、CPI広告(インストール課金型広告)と呼びます。

CPD(Cost Per Day)

CPDとは、1日あたりの広告コストのことで、掲載日数課金型の広告(YouTubeの純広告キャンペーン)で使用される指標です。コスト÷掲載日数で算出できます。

CPO(Cost Per Order)

CPOとは、新規顧客獲得単価のことです。つまり、新規顧客が初めて商品やサービスを購入するためにかかったコストです。コスト/受注件数で算出できます。主に通販業界で使用されるワードです。

CPR(Cost Per Response)とは

CPRとは、顧客からのレスポンスを得るのためにかかったコストのことです。商品購入以外に問い合わせなども含まれます。CPOが実際に売りたい商品(本商品)を対象にしているのに対し、CPRはサンプル品やお試し品などの本商品購入を促すための商品も含まれます。主に通販業界で使用されるワードです。

ROAS(Return On Advertising Spend)とは

売上高÷広告費用×100(%)で算出する

ROASとは、広告経由で発生した売上を広告費用で割った数値のことで、広告の費用対効果を表します。売上高÷広告費用×100(%)で算出できます。「投資した広告コストの回収率」という意味になります。

ROI(Return On Investment)とは

利益(売上ーコスト)÷投資コスト×100(%)

ROIとは、Return On Investmentの略称を言い、投資金額に対する利益の割合(投資収益率)のことで、「投資に対して何%の利益が得られたか」を意味します。「利益(売上ーコスト)÷投資コスト×100(%)」で算出できます。

利益は、「営業利益で計算」「粗利(売上から原価を差し引いた金額)で計算」「販促費控除後利益(売上から原価と販売促進費以外の販管費を差し引いた金額)」など、目的によって計算式が変わる場合があります。この際、コスト配賦を精緻に行うことが可能であれば、営業利益 OR 販促費控除後利益が望ましい)。

例えば、100万円の広告コストで1,000万円の利益が発生するWeb広告の場合、ROIは10倍の1,000%となります

ARPU(Average Revenue Per User)とは

ARPUとは、Average Revenue Per Userの略で、ユーザーあたりの平均売上額のことです(「アープ」と呼ぶこともあります)。月額課金サービスなど、サブスクリプションモデルのビジネスで使用される指標であり、売上額÷ユーザー数で算出できます。

似たような指標にARPPU (Average Revenue Per Paying User)がありますが、ARPPUが課金ユーザーのみが母数になっているのに対して、ARPUはサービス提供を受ける全ユーザーが母数となります。そのため、ARPPUよりも低い数値となります。

また、課金率が高いサービスの場合、ARPUとARPPUの差は小さくなります。反対に課金率が低いサービスの場合、ARPUとARPPUの差が大きくなります。

ARPU、ARPPU、課金率を算出することで、自社サービスの売上がサービス提供を受ける多くのユーザーに支えられているのか、一部のコアユーザーに支えられているのかを把握できます。

これにより、無料ユーザーの課金率を上げる施策に取り組むべきか、課金ユーザーへのアップセル施策に取り組むべきかの判断材料が得られます。

ARPPU(Average Revenue Per Paying User)

ARPPUとは、Average Revenue Per Paying Userの略で、課金ユーザー1人あたりの売上額のことです。月額課金サービスなど、サブスクリプションモデルのビジネスで使用される指標であり、売上額÷課金ユーザー数で算出できます。

似たような指標にARPU(ARPU(Average Revenue Per User)がありますが、ARPUがサービス提供を受ける全ユーザーが母数になっているのに対して、ARPPUは課金ユーザーの数が母数となります。そのため、ARPUよりも高い数値となります。

また、課金率が高いサービスの場合、ARPPUとARPUの差は小さくなります。反対に課金率が低いサービスの場合、ARPPUとARPUの差が大きくなります。

ARPPU、ARPU、課金率を算出することで、自社サービスの売上がサービス提供を受ける多くのユーザーに支えられているのか、一部のコアユーザーに支えられているのかを把握できます。

これにより、無料ユーザーの課金率を上げる施策に取り組むべきか、課金ユーザーへのアップセル施策に取り組むべきかの判断材料が得られます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ