while文でループ処理

while(ループを続ける条件式){    // 繰り返し実行する処理}

1〜20までの数字を1行ずつ順番に表示するプログラムを
while文を使って書いてみましょう。

$i=1;
while($i <= 20){
echo $i.”\n”;
$i++;
}

10〜20までの数字を1行ずつ順番に表示するプログラムを
while文を使って書いてみましょう。

$i=10;
while($i <= 20){
echo $i.”\n”;
$i++;
}

標準入力で二つ(2行)の整数が与えられます。
1行目の数値から2行目の数値までを1づつ加算しながら
1行づつ順番に出力するプログラムをwhile文で書いてください。
※1行目の数値は2行目の数値よりも必ず小さいものが与えられるものとします。

$input1 = trim(fgets(STDIN));
$input2 = trim(fgets(STDIN));
$i = $input1;
while($i <= $input2){
echo $i.”\n”;
$i++;
}

標準入力で与えられる整数回分「眠い。」と
出力するプログラムを作ってください。

$input = trim(fgets(STDIN));
$i=1;
while($i <= $input){
echo “眠い。\n”;
$i++;
}

右側のエディターエリアに書かれているプログラムを修正して
生まれ年を選択するフォームをwhile文を使って作成してください

標準入力で二つ(2行)の西暦年が与えられます。
1行目の西暦年から2行目の西暦年までを1づつ加算しながら
1行づつ順番に出力するプログラムを書いてください。
※1行目の数値は2行目の数値よりも必ず小さいものが与えられるものとします。

$i = trim(fgets(STDIN));
$input = trim(fgets(STDIN));
while($i <= $input){
echo “”.$i.”年生まれ\n”;
$i++;
}

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です